2005年4月からNZに高校生になる娘と留学する事になりました。留学までの準備編と留学してからの日々を書き綴っていきます。


by kobemint
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

働き者のSerita

昨日から耳の調子が悪かったSeritaでしたが、昨夜結局医者へ行って薬をもらってきたようです。
かなり右の耳が赤く腫れていてとても痛いと言っています。
AlisyaもSeritaのことが心配でいっぱいお手伝いをしていました。妹や弟に朝ごはんを作ってあげて、食器の後片付けもして、Seritaにも朝ごはんを作って運んであげたようです。
9時ちょっとすぎにIanが会社から戻ってきました。Seritaの具合が良くないので子ども達の面倒を見るために早退したそうです。
私も、mikiさんから午後からミュージアムに行くから一緒にどう?と誘われたのですが、やはりSeritaのことが心配でせめて子ども達と遊んであげられればと思って参加は断念しました。
そうこうしているうちに、10時ごろSeritaの友達が子ども二人を連れて遊びに来ました。Seritaも耳は痛いけど大丈夫と言って起きてきました。
友達は突然来たらしく、Seritaもびっくりしていましたが、何やら話がはずんで、結局午後4時くらいまでいたようです。
子ども達は子供同士で遊んでいたので、私の出る幕はなくなったという感じでSeritaに断って部屋に戻ってメールチェックをさせてもらっていました。
mikiさんと一緒に出かけたほうがかえって気を使わせなくてよかったかな?
Seritaは起きている時、本当に一時もじっとしていないくらいよく働きます。彼女のお母さんが心配しているくらい、休みをとらないようです。
今日も友達が帰った後、突然窓拭きを始めたので、私とAlisyaも手伝うことにしました。この家は窓が大きく正面と横をぐるっと囲む形でたくさんの窓があります。このところの雨で汚くなっていたのを気にしていたらしく、一気に掃除してしまいました。
早く耳の状態が良くなればいいんだけれど・・・。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-21 20:15 | 留学

ピクニック

今日はいい天気。久々の晴れ間です。
みんなでWesten Springsという公園へ遊びに行きました。自転車とスケーター、そしてお菓子や飲み物、果物を持って外で思いっきり遊んできました。公園の池には沢山のアヒルやカモ、カモメ、りっぱに育ったうなぎまでいました。
プレイグランドで遊んでいると、日本人の二人の女性と知り合いになりました。二人とももうすぐ2歳になる女の子を連れて遊びに来ていました。その子は私が日本人とわかっているらしく、ニコニコとそばに寄ってきて何か話しかけてきます。お母さんが「言葉をわかってくれる人だってわかるみたい」と言っていました。まだ日本語だけだけれどそのうち英語も話すようになるんでしょうね。
来週の火曜日にSeritaの家に遊びに来ることになりました。結構近くに住んでいるようです。
b0061803_1781429.jpg

[PR]
# by kobemint | 2005-07-20 17:08 | 留学

最後のクラフト

いよいよ今日で最後のクラフト教室です。
今まで作った花を先生がアレンジしてくれて素敵な額に仕上がりました。
b0061803_1743117.jpg

額は最初小さすぎて却下されその後買った額も雰囲気が合わないから違うものに変えたほうがいいといわれたのですが、日本に持って帰るつもりで、小さいのを選んで、その後はなるべく軽いものと思って選んだのですが、今日家にもって帰ってみてつくづくこれは日本に持って帰るのは大変だということが分かったので、Seritaにプレゼントしようと思います。額はあとでも変えられるので、好きな額に変えてもらえたらと思います。
却下された小さい額は日本から持ってきた布と、和紙、折り紙でアレンジして作ってみました。これは次のホームステイのおばあちゃんにプレゼントしようと思っています。
b0061803_1761444.jpg

[PR]
# by kobemint | 2005-07-19 17:03 | 留学

ケーキ作り

今日はSeritaの仕事の日。子ども達は全員おじいちゃんのTonyさんのところへ預けていく。私は今日も一人留守番となりました。
朝のうちに食器の片付けと、掃除を済ませ、Craftの粘土を作りました。スクールホリデーのうちに、子ども達がなにか作りたいと言っていたので、mikiさんところの子ども達も一緒に金曜日にクラフト教室をすることになっています。
その後はまた大草原の小さな家のビデオを見て過ごしました。
午後4時ごろに、みんなが帰ってきました。Alishaの友達のBranyが今日はスリープオーバーをするらしく、一緒に帰ってきました。ケーキを焼く約束をしていたらしく、ケーキ作りがすぐに始まりました。チョコレートケーキにチョコレートのコーティング、更にチョコレートのトッピング。見るからに甘そうな子ども達の大好きなケーキが出来上がりました。
b0061803_1724370.jpg

食後すぐにケーキを食べるのかと思ったら、アイスクリームが先でそのあとこってりチョコレートのケーキが出てきましたがさすがに全部食べきれず残して明日の朝、食べることにしました。確実に太ってます。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-18 17:01 | 留学

留守番

今日の昼の教会には行かないことにして家で待っていた。
その間に、台所の後片付けと部屋の掃除をしてのんびり過ごした。
大草原の小さな家のDVDがあったのでそれを見た。日本でもテレビでやっていたし、本も読んでいた、その上ドールハウスまで作っていた物語だったので、DVDを見つけたときはとてもうれしかった。いい物語です。ここには3巻までなかったけれど、本当はもっとあるのだそうです。このDVDだったら何回見てもあきないなと思いました。
夜の教会にはディナーを食べて一緒に出かけた。今日のディナーはヌードルとミートパイ。食べ終わったら、Seritaが今度はチキンスープを作っていてそれも食べない?と言われたので少しならと言ってお皿を出したら、めいっぱい入れられてしまった。ここのところ太ったのではないかと心配している。この家では子どもがまだ小さいので、チキンとミンスがメインでかたまりのお肉は出ないけれど、みんな良く食べます。2歳のShayも調子のいい時には上の二人と同じように食べています。特にShayはブロッコリーが大好きで、おもしろいようにパクパクと食べています。ブロッコリーの時はお祈りが待ちきれなくて、いつのまにかお皿の上にはブロッコリーがなくなってしまいます。そしてさらにSeritaの分まで食べてしまうのですからすごい。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-17 17:00 | 留学

外遊び

前々から少しずつ進んでいたリフォームを本格的に始めるらしく、朝早くから業者の人が来ていた。空調設備を入れるらしい。そのほかにも自分達で壁を塗り替えている。今日もIanとSeritaは午前中からキッチンとダイニングの壁塗りにとりかかっていた。子ども達は外で遊ぶことになって、私も一緒についていった。砂場でしばらく遊んでから、今度はトランポリンをしにいった。トランポリンも最初は普通に遊んでいたのに、それを横に倒して今度は鉄棒のようにして遊んでいる。いろいろと考えるものです。いつの間にか鬼ごっこになって、私まで参加する事になってしまった。走れないよと言いながら、Alisyaと二人でLiamをからかいながら、久々の童心にかえった。
ランチを食べたら今度はShayがいつものように「Come on」と誘ってきた。また外に出て、Shayの後についていく。あきることなく同じことを繰り返す。さすが2歳児。これが楽しいのでしょうね。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-16 16:58 | 留学

複雑な気持ち

今日はまどかが帰る日です。seritaがヘンダーソンまで買い物に行くので車に乗せていってもらいました。
お昼をヘンダーソンで食べて、まどかのステイ先のシスターが誕生日だったので、そこのカフェで誕生日カードを作ったり、宿題の残りをしたりしてゆっくり過ごしました。
ここのところ4日間連続でランチは外です。無駄遣いかな?と思いつつ、ま、いいかとついつい甘くなってしまいます。
お互い3時ごろのバスで帰ることにして、30分ほどヘンダーソンの近くでのんびりひなたぼっこしながら過ごしました。時間が来たのでそれぞれ別のバス停へ。
私がバス停に向っていたら、向こうから見たことのある人が・・・・。デビとセイムでした。偶然にも今日まどかがセイムにハガキを出したところだったのでビックリ。セイムにお茶でも飲みに来てと言われたのですが、ステイ先を代わったことをつげお互いに電話番号の交換をして分かれました。
私も改めてデビに手紙を書こうと思います。

今日のまどかとの別れはちょっぴり寂しい気持ちになりました。あと二週間ほどで私はまた次のステイ先に変わるので今度はなかなか会うことは出来ないでしょう。
まどかの英語が上達したらまた母はNZに来て一緒に過ごせるよと励まして、お互いがんばろうと思うのでした。彼女自身も分かっているのです、すべては英語が理解できるようになることが第一目標と。学校へ行くのは楽しいけれど、英語が理解できないことへのジレンマが今大きな壁になっています。

家に戻るとグランダッドのところへ泊まりに行っていたAlishaとLiamも帰ってきました。またにぎやかなnattall家に戻りました。
夜8時半ごろにIanの友達がDVDをごっそりともって遊びに来ました。「チャーリーズエンジェル」を観て11時ごろに部屋に戻りました。彼らは更にもう一本見るそうです。元気だ。明日は土曜日だしね。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-15 19:01 | 留学

静かな夜

今日は昨日に続いて、Westfildでのライブショー。今回はヘンダーソンだったので私と娘はその間買い物をしていることにしました。本当は今日娘は自分のステイ先に帰る予定だったのですが、もう一日泊まっていったらどう?とseritaが言ってくれたのでお言葉に甘えさせてもらいました。まどかのステイ先に電話をして事情を説明すると、一杯お母さんに甘えてきなさいと言ってくれました。
そしてnattall家の上の二人、AlishaとLiamは今日おじいちゃんのところへお泊りです。
ショーが終わって家に帰るとShayだけなのでなんと静かなことでしょう。多分、Liam一人がいないだけで女の子二人ならかなり静かなんだと思います。
でもLiamがいないととってもさびしい。彼は実にエネリギッシュでファニーで大好きです。
IanもSeritaも「静かでいい夜だ」なんて言ってるけど実はさびしいんだろうと思います。Shayは二人がいないことを分かっているんだか、いないんだかいつもの調子でした。

午前中にseritaが次のステイ先をキャンセルしてこのままいたら?娘さんとも近いしと申し出てくれたのですが、次の方の所にはかなり前からお願いしていたし、きっと先方も私が行くことを当てにして待っていてくれるだろうし、とても迷ったのですが、最初に決めた私とまどかの英語のためにも、まどかの自立のためにもやはり少し距離を置いたほうがいいと思って、予定通り私は来月から移動することにしました。でも私が帰国予定の二週間~三週間前にはまたこのnattall家に戻って来させて欲しいとお願いしました。
まどかもロングホリデーには二つの場所に居場所が出来てちゃんとした旅行ではなくてもいろいろな体験ができると思います。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-14 19:43 | 留学
今日は、nattall家の子ども達とシュレックのライブショーを見に行った。
場所はちょっと遠くてノースショアのWestfieldまで。途中shayをTonyさんのところへ預けていきました。
ハーバーブリッジを通り目的地まで。ここには初めて来ました。とても都会的な大きな街並でびっくり、その上海のすぐ近くなので景色もとても素敵でした。
シュレックのライブショーは日本でもおなじみのぬいぐるみを着たショーで最後に握手会があります。どこの国も一緒だなーと思いました。子ども達はのりのり、お母さんたちはその子ども達の写真を撮るのに必死。でもかわいかった。AlishaとLiamもシュレックと一緒に写真が撮れて満足の様子。
お昼はマックで。そのあとデボンポートに連れて行ってもらいました。ここには一度フェリーに乗って来たことがありましたが、車ではなかったので、少ししか回れなかったのですが、今回は古くて素敵な家の立ち並ぶ街並みを抜けて小高い丘に登り、海を一望できる場所に連れて行ってもらいました。今日は天気も良く海もおだやかで、何艘かヨットも浮かんでいてとてものんびりとできました。こどもたちは恒例(らしい)の丘すべり。何度もなんども上まで登ってコロコロ転がりながらすべっていきます。かなり急な丘なのにみんな平気で途中擦りむきながらもあきもせず挑戦していました。見ているだけでも落ちてくる姿がおもしろかった。

TonyさんのところへShayを迎えに行って、お茶をご馳走になり帰りました。
私たちはかなり疲れたのに子ども達は全く疲れた様子もなく、帰りの車でも元気一杯、おまけに家についてからも庭のトランポリンで遊んでいたのにはびっくり。

まどかもすっかりShayに懐かれて、二人仲良く「Toy story」のDVDを見ていました。Shayがまどかのまねをして一緒の格好をするのでおもしろかった。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-13 21:17 | 留学

娘が泊まりに来ました

今日はクラフトの日。今まで作った花の仕上げ。足りない分に色を足したり、カサブランカの仕上げをした。額に入れるのかと思っていたら結局時間が足りなくなって、来週も教室があるらしい。8週間の予定が11週間のクラスとなった。私たちはありがたいことだが先生には申し訳ないです。
今日はスクールホリデー中のまどかが私のステイ先に泊まりに来ることになっていたので途中で待ち合わせして帰った。ヘンダーソンでお昼を食べ3時ごろ家に帰った。ものすごい風で何度も飛ばされそうになりながらなんとか辿り着いた。雨でなくて良かった。
帰るとLiam,Alisha,seritaが迎えてくれた。Shayはお昼寝中とのこと。
まどかを紹介して、お茶とケーキで一服。その後Alishaと絵を描いて遊んだ。リアルな馬の絵を描いて欲しいといわれ、そんなの描いたことないと思いながらもどうにか創造して描きあげたらとても喜んでくれた。Alishaは馬が大好き。キャラクター的な絵だったら困ることなく描けるんだけどね。まどかも木馬や動物、ケーキなどいろいろな絵を描いてあげた。Alishaはいつも描いてあげた絵を見ながら自分でも描いている。そのまま写すのではなく見ながら結構自分らしさを出した絵を描く。
いろいろSelitaに質問されて短いながらも答えていた。後でお互いに「そっちのほうがよく聞き取れてるんじゃないの?」と思っていることが判明。私が聞き取れている部分と、まどかが聞き取れている部分と足したら全部聞き取れそう。
夕食の後「Nimo」のビデオを観て9時前に自分達の部屋へ戻った。
まどかのステイ先のことも聞いてみたらとても楽しく過ごさせてもらっているらしい。子ども達とも仲良くやっているみたいだし、食事もたくさんいただいているらしく少し太ったようだ。それは本人も気にしていたようで今日から二日間お菓子は食べないと言っていながらSeritaの出してくれるケーキやクッキーを断ることもせず(出来ないよね)しっかり食べました。
まどかのHSマザーも気にしていてくれて、「きっとお母さんに会ったら本音が出るだろうから、何か嫌なことや困っていることがあったら言ってね」と言われたけれど全然大丈夫で楽しく過ごしているようで安心した。コリアンの友達も一度遊びに来て夕食も一緒に食べさせてもらったらしい。まどかもその子のところへ遊びに行ったりして、行動範囲が広がっているようです。
明日はみんなで「シュレック」のライブショーを見に行きます。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-12 19:06 | 留学

seritaの誕生日

今日はseritaの誕生日、朝起きると上から「Happy Birthday」の歌声が聞こえてきた。
私も支度をして前に作っておいたプレゼントを持って上に行った。
「Good morning」と言ってからプレゼントを渡したらとても喜んでもらえた。seritaは車の鍵をどこに置いたのかよく忘れるので小さなカゴにクラフト教室で作った花をアレンジしてプレゼントにした。Ianもグッドアイデアと言ってくれた。
他に小さなベア(これは買いました)と日本から持ってきていた布を使って小さなポーチをプレゼント。喜んでくれて良かった。
b0061803_19202367.jpg

今日は誕生日だと言うのにseritaは11時くらいから仕事に出かけた。実は先週の火曜日からする予定だった掃除の仕事が今日からになったらしい。Ianが会社を休んで子ども達の面倒と家の壁塗りを頑張っていた。
午後2時半くらいにseritaが帰ってきてから、3時ごろにmikiさん一家が遊びに来た。実は今日の朝mikiさんのご主人がNZに到着したのでした。パイロットの仕事をしているご主人は自分のフライトが終わってそのままNZに向うという強行スケジュールだったようですが、きっと子ども達そしてmikiさんに一日も早く会いたかったんでしょうね。
背のスラリとした物腰のとても優しいご主人でした。miki家は全員スリムだということが判明。mikiさんは謙遜してご主人は英語それほど出来ないよって言っていたのに、「キウイみたい」とみんな絶賛でした。頼もしいご主人でもあります。mikiさんたちが来てからす
ぐにseritaのご両親もやってきてまたまた賑やかなnattall家になりました。
夕食前にはmikiさんたちも、ご両親も帰ってしまったのですが、夕食後に今度はseritaの大親友が誕生日ケーキを持ってやってきました。子ども達はすでに寝ていたので、大人だけでいただきました。20年来の友達だそうで毎年こうやって誕生日ケーキを持ってきて祝ってくれるのだそうです。素敵な関係です。
友達はErica、覚えやすい名前です。そういえば今日seritaはmikiさんの名前は本当の名前ではなくてEnglish nameだと思っていたことが判明、そして子ども達のMiho,Go,Eriも同様に思っていたらしい。日本ではポピュラーな名前だよと言ったら驚いていた。コリアンやチャイニーズはEnglish Nameをつける人が多いからね、日本人は滅多にいませんが。
Ericaはいつか日本に行きたいと言っていました。いろいろ聞かれたんだけど、文章にするのに一苦労。どうしても疑問文にするのが難しい。どうにか通じていたようだけど、もっと勉強が必要です。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-11 19:19 | 留学

HSチェンジして一週間

一週間経って、nattall家のだいたいの様子がわかってきました。
今はスクールホリデーに入ったので今週からは多少違ってくるとは思いますが、
月曜日
・alisha学校
・午前中友達の子どもを預かる。
・午後からはalishaが学校から帰ってきて教会のアフタースクール
火曜日
・alisha学校
・Liam教会のキンダー
・午前中seritaはお掃除のお仕事(予定)
水曜日
・alisha学校
木曜日
・alisha学校
・Liam教会のキンダー
・食後Ian教会
金曜日
・alisha学校
・午前中serita教会
土曜日
・休日
日曜日
・午前、午後、夜と教会

その間にも多数のお友達が訪問してきます。一週間で私が会ったseritaのお友達(子どもも含めて)はなんと30人近くになりました。
Ianとseritaの子ども達への教育は教会が中心のようです。普段はかなり自由に子ども達はのびのび遊んでいます。LiamはTo much enegyでスパイダーマンになりきって高いところからソファにジャンプなんていつものこと。時々はどめがきかなくなってshayにぶつかって泣かしたりするとseritaは「Come here place」とLiamを自分のところへ呼んで、静かに何故いけなかったのかを話します。そして「Sorry Shay」と言って仲直りをします。謝れない時は自分の部屋に行かされて反省してから、出てきます。
どんな理由があるにせよ、人に対してたたいたり、暴言をはいたりしたときは呼ばれています。
はしゃぎすぎてどうにもならない時もIanは「Calm down」と言って落ち着かせています。

一週間がすぎて、注意深く聞いているとIanと子ども達の会話が前よりもはっきり聞こえてくるのが分かりますが、昨日Alishaに私の英語は分かる?発音はどう?と聞いてみたら。
少し分かる。と言われてしまいました。大人との会話では察してくれる部分がかなりあるのですが、子どもは厳しいです。shayにも納得できないと「No」と言われてしまいます。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-10 21:13 | 留学

誕生日会

今日からスクールホリデーに入りました。
今日はalishaの友達のお誕生日会だそうで朝からカードを作るのを手伝って欲しいと頼まれました。私が別の紙にバレリーナ(リクエストにより)の絵を描いてそれをalishaがトレースして色の塗りました。他の部分にもハートを描いたり、スタンプしたり、花束、プレゼントなどなど盛りだくさんのカードが出来上がりました。
今日は女の子だけのパーティーだそうです。私も一緒に誘われてついて行きました。
New Linnにある「Rolly Pop」という室内のプレイランドがあってそこでパーティールームを貸切できるそうです。だいたい10人位までで、食事、ジュース、遊び場、部屋の貸切(3時間くらい)で130ドルだそうです。
後片付けもしてくれるので利用する人が多いんだそうです。
ここのプレイランドは0歳から11歳まで利用できてロッククライミングや、ボール投げ、滑り台、バスケット、フェイスペインティングなどいろいろな遊びができます。
b0061803_1734474.jpg

大人の人はテーブルに座って見ていればいいので沢山の人が利用していました。(今日は特にスクールホリデー初日だからかもしれませんが)
最初に少し遊んで、ランチを食べに戻ってきて、また遊びに行く。みんな元気です。7歳だものね。帰ってきてから、手作りのケーキを食べてみんなからもらったプレゼントを一つ一つ開けて喜んでいました。
b0061803_17363993.jpg


お母さん達も話しに夢中と言う感じ。今日もひたすら聞いていました。
みんなおしゃべり好きです。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-09 17:35 | 留学

英語漬け

午前中はserita、liam、私でモノポリをした。11時30分にmikiさんと待ち合わせをしていたので、ギリギリまで勝負をしていて結局最終的にはliamの勝ち。聞くところによると今までゲームをしていつもliamが勝っているそうです。He is lucky boy。
昼ごはんを近くのお店で買ってmikiさんの家で食べました。ホットサンドイッチとフライドチキン。フライドチキンは全然脂っこくなくて皮もカリッとあがっていてとてもおしかった。その後mikiさんがお隣のインド人にもらったというカレーをご馳走になる。見た目マイルドそうに見えたけれど一口食べて「辛い」かなりスパイシーです。いろいろな香辛料が入っているんだなーとしっかり感じ取れる味でした。すごくおいしかった。食べ終わる頃には汗をかいていました。
午後からはスクールホリデー中に子ども達と粘土で何か作る約束をしたので材料を買いにmikiさんに車に乗せていってもらいました。いつも助かっています。ありがとう。

3時ごろに家に帰るとちょうどseritaのお父さんとお母さんが来ていました。
お父さんのTonyさんにはもう2回ほどお会いしましたがお母さんのanitaには初めてお会いします。
声が良く通りクリアな喋り方でとてもよく分かる英語でした。やはりランゲージスクールをしていたからなのでしょうか。

夕方からseritaの友達が来ることになっていて、seritaもその支度に忙しそうでした。何か手伝おうかと思って申し出たのですが、結局seritaのやり方があり足手まといになりつつあったのでテーブルクロスをかけるのと、食器をしまうのだけしか手伝うことができませんでした。あとはいつものように子ども達とDVDを見て友達の来るのを待ちました。
6時半ごろにseritaの友達と結婚相手、そして彼女の娘さんがやってきました。娘さんは今13歳、でもとっても大人っぽく見えました。そして今年の10月には新しく家族が増えるそうです。
食事をして、デザートをいただいて、後はTalk time。
積もる話もあるだろうと、適当に退散しようと思っていたのに時期を逃して結局最後までリビングで過ごさせてもらいました。
その間、英語漬けです。今回もほとんど聞いているだけ。私自身のことで聞かれた時に家族の紹介をしたのですが、これはここにきてもう何回もしているので、スラスラと返すことができました。これだけを聞かれたら、みんな「英語が上手ね」って言ってくれるのですが、他はさっぱりです。でもみんな一様に聞いているうちに分かるわよと言ってくれるのでそれを信じてひたすら聞くことにします。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-08 20:07 | 留学

幼稚園見学

午前中はseritaのお友達が男の子二人を連れて遊びに来ました。上の子は3歳くらい、下の子はまだハイハイをしています。
seritaとお友達のwendyは子育ての話で盛り上がっています。英語の勉強になるから一緒に話しましょうと誘ってくれましたが、聞いているだけで精一杯。時々分かる時もありました。男の子はactiveで大変だけど女の子はやりやすいとか、どこの国も同じような悩みを持っているんだなと思いました。

午後からは友達のmikiさんのところのeriちゃんが通っている幼稚園に一緒に連れて行ってもらって見学をさせてもらいました。
午後から週3回通っているようです。
12時30分から2時45分まで。
3歳、4歳の子ども達が午後は慣らし保育のような形で週三回で、慣れてきたら順番に午前中毎日になる。eriちゃんも来タームは午前中に変わるそうです。
教室はとても広く、机がいくつも置かれていてそれぞれいろいろなコーナーになっています。
ブロック、工作、お絵かき、粘土遊び、パズル、絵本、おままごと、外に出ると大工さん、水遊び、ペイント遊び、スタンプ遊び。
今日はこういう分かれ方をしていましたが、日によってもっと違う時もあるそうです。
いっせいに何かをするのではなく、それぞれが好きなことをして遊んでいます。eriちゃんは今日はひととおりのコーナーを制覇していたようです。
最後に行った粘土のコーナーでは一緒にお団子のようなものを作ったり、子ども達が作ってくれたケーキをもらって食べるまねをしたり。そうこうしているうちに子ども達ともなれてきて、一人の女の子には「What your neme?」と聞かれました。コリアンの子でしたが家の孫の詩音にとても似ていて余計親しみを感じました。
mikiさんもたくさんいる子ども達の名前をかなり把握していて、声をかけて遊んでいました。
その後上の子ども達の小学校に迎えに行って教室を案内してもらいました。
とてもカラフルな教室でまるでクラフト教室のようです。校庭もとても広くて雨だったのが残念でした。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-07 17:59 | 留学

お絵かき教室

今日は朝からひどい雨。そしてseritaはひどい頭痛がするらしい。めまいもあって、今日はアリーシャの学校を休ませることになった。
朝から、テレビゲームをしていた子ども達だが、飽きてきたのでお絵かきをすることにした。
この間、シャイの似顔絵を描いてあげて、めちゃくちゃ誉められたのに気をよくして今日はアリーシャの似顔絵も描いた。とても喜んでくれて、それをみながらアリーシャも何枚か絵を描いて色を塗って仕上げてくれた。リアムは今飛行機に夢中で、折り紙で折った鶴の羽が飛行機に似ているらしく、こんな飛行機を作ってとせがむ。紙飛行機を作ってあげても納得しない。結局折り紙を切って飛行機の形にしたら納得してくれた。何機も作って、それを紙に貼って背景を塗って仕上げていた。
シャイは相変わらずマイペースで、自分のお絵かきに飽きると、みんなの所を回って「good girl stump」を押してくれる。手の甲に何回もしにくるので、毎日すごい手になっています。

昼からはmikiさんがeriちゃんの幼稚園に行くと言っていたので幼稚園近くのライブラリーまで車にのせていってもらった。eriちゃんの幼稚園が終わるまで、ライブラリーでいろいろな本を見て過ごした。何だかよくわからないが、表紙につられて二冊借りてきた。
明日はeriちゃんの幼稚園に一緒に行って見学させてもらうことになった。楽しみ。

3時ごろ帰るとちょうどseritaたちが出かけるところだった。今日は彼女のお母さんと、おばあちゃんがFiji旅行から帰ってくるのでみんなで集まるそうで、出かけていった。
晩御飯はあらかじめ用意していてくれた。
夕方まで自分の部屋でクラフトの宿題など仕上げながら過ごして「さぁ、ご飯でも食べましょうか」と上に行ってみるとちょうど、Ianとシャイが帰ってきた。7時を過ぎていたのでもうシャイの寝る時間なのでIanが先にシャイだけ連れて戻ってきたようです。
Ianは子ども達の面倒を実に良く見ます。特にシャイはDadが大好き。
最近シャイは私にとても懐いてくれて、今日も帰ってきたとき抱きついてきました。
夜寝る時もお休みのキスをしてくれます。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-06 16:40 | 留学
クラフトの教室までバスを乗り継いで行きました。今日は間違えず所定の場所で降りることができましたが、幹線道路を渡るには、ずーっと戻って信号を渡らなくてはいけません。普通の道なら車を避けてわたることが出来るのですが、ここはモーターウェイの出入り口になっていて、車の量がとても多いのでいつまで待っても途切れることがありません。上へ行くか、下へ行くか、かなり迷って上の信号を渡ることにしましたが、結局バスを降りてから20分以上歩くことになってしまい、10時ちょっとすぎに教室に着きました。今日が終わればあと一回。がんばるぞ。
帰りも順調に間違えずに乗り換えて家の近くのバス停で降り、歩いていると、ちょうどseritaの車に出会いました。今からリアムをキンダーに迎えに行くので一緒に乗っていくように言われました。私もいつもと違うカバンを持っていってしまって鍵がなかったので、もし家に着いて誰もいなかったらどうしようかなと思っていたところだったのでグッドタイミングでした。
リアムは教会のキンダーに行っているのでかなり遠いところです。場所は全くわかりません。昨日のTonyさんの家も全くどこかは不明。そのうち分かるとは思いますが、ここ二、三日でいろいろな場所に行っています。
帰りに友達の所へ寄るからと、行ってみたのですが友達は留守でした。この家がまたすごい家だった。今度行く時はカメラを持っていきます。かなり古い家で家自体は本当に大きな家なのですが、イギリスの田舎の家みたいでとっても可愛いのです。ガレージも大きなのが2つ、それぞれに二台ずつ入ります。聞いてみたら6台も車を持っているとか・・・。庭には古い井戸もあってとっても雰囲気のある家でした。留守だったのが残念。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-05 17:25 | 留学

忙しい一日

アリーシャは今日学校です。
昨日の夜教会で遅くまでいたので学校を休みたがっていたようですが、出かけていきました。
送っていったseritaが帰ってくると、彼女の友達が男の子を連れてやってきました。
その子は6歳なのですが、病気で学校には行っていなくて、seritaが月曜日の午前中預かっています。リアムと遊んだり、saritaが勉強を教えたりしています。
11時ごろにmikiさんとeriちゃんが遊びにきました。遊びに来たというか、彼女の家の電話が故障してしまったので、回線を変えたらつながるかどうかためしに来ました。seritaの家の回線につないだら大丈夫だったので、電話機の故障ではなさそうです。昼ごろまで遊んで行って、もう一度家で試してみると言って帰っていきました。しばらくして電話があり直ったということで一安心、よかったね。
昼ごはんはコーンスープとトースト。子ども達の食欲にびっくり。2歳のシャイもしっかり自分で食べるし、4歳のリアムはスープとトースト4枚をたいらげました。私は2枚でおなか一杯になったのに。スープが多かった。
午後は子ども達は昼寝をして3時ごろにアリーシャを迎えに行きました。
今日は教会で子ども達の活動があるそうで、友達も一緒に帰ってきて、私も含めてみんなで出かけました。seritaのお父さん(tonyさん)の家の近くなので一緒に行こうということで出かけました。アリーシャが活動している間tonyさんの家におじゃまして、日本に行った時の写真や中国の写真、香港、タイなどいろいろな国に行った時の写真を見せてもらいました。
少しするとtonyさんの友達が来て、日本語で挨拶されたのでびっくり。聞いてみると、青森と北海道、東京に20年近く住んでいたそうです。どうりで日本語が上手でした。それもかなり丁寧な言葉遣いです。
アリーシャたちが活動から帰ってきて、tonyさんの家で一緒に夕飯を食べて帰りました。
家に帰った時にはすでに7時。子ども達は就寝時間です。
「Toy story」のビデオをアリーシャが見始めたのでリアムもなかなか寝ないで何度も注意をされて、しぶしぶベッドに向いました。
その後、Ianが私のパソコンをネットにつないでくれるというのでお願いしたら、とんでもない重労働をさせてしまうことになりました。いつも使っている場所でLanにつながせてもらうだけだと思っていたのに、私の部屋に回線を引いてくれたのです。それも天井にもぐりこんで。本当に申し訳なかったです。ありがとう。
そんなわけで、今日から自分の部屋でネットができます。が、あまり使いすぎないように注意しようと思います。メールチェックとこの日記だけかな?

明日は終わったと思っていたクラフトがまだあと二週間あるらしく、またバスを乗り継いでクラフトの教室に行きます。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-04 19:40 | 留学

I’m Lost

今日は、日曜日、HSファミリーは教会へ出かけます。
朝、リアムが私の部屋に来て「Good mornig. Are you go to Charch with us」と誘ってくれましたが、今日はまどかと会う約束をしていたので、お断りしました。
忙しい中Seritaに近くのバス停まで送ってもらって、Hendersonまで行ってそこからまた乗換えで約束のところまで行きます。
HendersonからTe Atatu Peninsula行きにのって途中で降りるのですが、降りる場所を間違えてかなり前で降りてしまいました。しまった!と思ったときは既に遅く、次のバスまで2時間くらい待たなければいけません(日曜日は二時間に1本しかないのです)仕方なく、うろ覚えのバス道を歩くことにしましたが、歩けど歩けど幹線道路に出ません。今日は日曜日で歩いている人も全然いなくて困っているとちょうど車庫から車を出す人を見つけて道を聞きました。「I want to go Wendy’s on the Te Atatu Road」と言うと分かってもらえたらしく親切に教えてくれました。約束の時間に10分ほど遅れて無事娘に会うことができました。
昼ごろまでそこで娘の宿題と格闘。英語がネックでどの教科も悪戦苦闘です。今日はMathの宿題だったのですが、日本とだいぶ様式が違います。今は統計の勉強をしていて、資料に基づいて、そこから自分で問題を作ってそれにあうグラフを書き、その結果が自分の思っていたことと合っているかどうかを検証する。なんていうややこしい問題です。ほとんどが文章を書くような問題で英語ができないとどうにもなりません。
グラフィックスも本来なら学校で仕上げられるのでしょうが、先生がいったい何を求めているのかがよくわからず、結局毎日持ち帰って仕上げていると言う状態。少しずつ要領が分かってきたものの、今学期は大変でした。あと一週間、がんばれ。
娘のステイ先の話を聞きました。夕食の時に自己紹介をしたそうです。何せ娘を合わせれば子どもは7人。大家族です。夕食も最初に各自にヌードルが出て、麺だけ食べてあとはスープ代わりにしてバイキング形式でいろいろなものが並んでいる中から取り分けて食べたそうです。生存競争の激しい中、娘も四人きょうだいの中で育ったのでそれなりに遅れを取らずおなか一杯食べたようです。
ただシャワーに関しては娘が入ろうとした時は既に水になっていて、仕方なく朝入ったと言っていました。
私の家族もそうでしたが、娘の家族もクリスチャンで食事の前にお祈りをしてからいただくようです。偶然にも同じような環境の家でお世話になることになりました。
その後Hendersonまで出て少し買い物をしてからそれぞれの家へ帰りました。家に帰ると家族は教会から帰っていたのですがまた夜の集まりがあるそうで今度は私も連れて行ってもらいました。子ども達はみんなパジャマに着替えてスリーピングバックやらふとんやらも持って出かけたのでどうするのかなと思っていたら、教会に子ども達の休む部屋がちゃんとあって、夜大人が集まる時はそこでみんなおとなしく寝ているのです。びっくり。でも家において出かけるわけにはいきませんからね。子ども達も赤ちゃんからの習慣なのでおとなしく待っています。
私たちは、お祈りの歌をうたって、その後映画を見ました。「クリスチャンとは?」みたいな映画でした。私はクリスチャンではないのですがとても興味深く見ることが出来ました。最初は英語がわからずどうも集中できなかったのですが、途中から筋がだんだん分かってきて英語が分からないながらストーリーは納得(一人で納得してたかも)できるものでした。今は全くの英語の中で過ごしていますが、そうなると辞書を使う暇もなく会話が進むので分からないときには素直に分からないと伝えると、他の言い方で補ってくれます。seritaに感謝。そして子ども達もいろいろ話しかけてくれるのでうれしいです。
[PR]
# by kobemint | 2005-07-03 19:20 | 留学

新たな出発

今日から新しいHSになった。
二時半頃にmikiさんが迎えに来てくれた。でも、まどかのHSファミリーがまだだったので少し待ってもらった。
しばらくしてJyunkoさんとYoshieがまどかを迎えに来てくれて、いよいよ私も出発。
グラント、なおこさん、りかちゃん、そしてYさんとR君も今日は遊びに来ていたのでみんなにお礼とお別れを言って新しい家族の元へ向った。
まどかは、ぜんぜん平気を装っていたけれど、実は昨日の夜かなりナーバスになっていたのを私は知っていました。シャワーをあびて出てくると、まどかがいなかったのでまたりかちゃんとテレビでも見ているのかなと思い、そのまま寝てしまったのですが、実はそのときまどかはある場所にこもっていたのです。寝息だけ聞こえるのに姿が見えない、変だなと思って、少し静かにして聞いていると、それはクローゼットの中から聞こえてきました。
ちらっとふとんが見えて確かにまどかはその中で寝ていました。
私は気付かないふりをして朝まで静かにまどかの行動を伺っていたのです。朝早くグラントが仕事に行ったあとにシャワーをあびにいって、何事もなかったように帰ってきた彼女でしたが、きっといろいろなことが頭の中にいっぱいだったんだと思います。私の勝手で連れてきてしまったので、彼女には本当に申し訳ないし、だから余計に有意義な日を送ってほしいと願っています。私は何も言えず、私の気持ちを手紙に書いて彼女のリュックに入れておきました。いつ気付くか分かりませんが、読んだ時に日本に本当に帰りたいと思ったのならそれはそれでいいと思っています。
ま、そんなわけで私もかなりナーバスになっているわけですが、新しいHS先についてみるとそんな気持ちも吹っ飛んでしまいました。
Serita、Ian、アリーシャ(7歳)、リアム(4歳)、シャイ(2歳)の五人が温かく迎えてくれました。
mikiさん一家も少し遊んでいって、「じゃ、帰ろうか?」と言う言葉に少し不安になった私でしたが、子供たちもだいぶ慣れてきていたので、その元気さに救われました。
シャイは名前の通り最初はとてもはずかしがって、Dadのそばを離れませんでしたが、だんだん、本領発揮で家中をかけまわっていました。
夕飯は、キッシュと、フライドポテト、ミックスベジタブル。そしてお祈りをしてディナーをいただきます。この家族は熱心なクリスチャンです。4歳のリアムが今日はお祈りをする日、みんなで手をとりあって感謝して食事をします。
キッシュはとってもあっさりとしていておいしかったです。
子ども達は7時が就寝時刻。私も荷物の整理があったし、ちょっと疲れていたので今日は先に部屋に行かせてもらいました。Ianはオールブラックスの試合を見せたがっていましたが・・・。
部屋で荷物を片付けて、シャワーをあびて、今この日記を書いています。
リビングダイニング、ベッドルーム、専用バスルームもあるので始めての一人暮らしを味わっています。スクールホリデーになったら、まどかも泊まりにきていいと言ってくれているので、喜ぶと思います。
b0061803_1918049.jpg
b0061803_19182759.jpg

[PR]
# by kobemint | 2005-07-02 19:16 | 留学